奇跡のストーリー

pJxm5CoBlVw3UMdx

ジェイソン・ウィンターズ・ティー…その誕生の秘密

誕生から30年、健康を願う70ヶ国以上・数千万人の人々から愛され続けるジェイソン・ウィンターズ・ティー(JWT)。
その誕生のストーリーは、ジェイソン・ウインターズ氏が生きる希望を失いかけた出来事から始まります―。

ロッキー山脈を越え、サハラ砂漠を横断し、ハリウッド映画にも出演した青年時代…。

―イギリスの労働者階級の家庭で生まれたジェイソン氏は、17歳で家族とともにカナダへ移住。立派な体格と並外れた旺盛なチャレンジ精神の持ち主だった彼は、カナダで冒険家として有名になりました。

熱気球でロッキー山脈を越え、カヌーでマッケンジー川を2000マイルも下り、サハラ砂漠をラクダ1頭で横断、イヌイット(エスキモー)と北極熊を狩り、ニュージーランド原住民マオリ族と暮らし…

その活躍ぶりはナショナル・ジオ・グラフィック誌の表紙を飾り、大統領も応援に駆けつけるほど。その一方で危険なテストドライバーに挑戦したり、映画俳優としてハリウッド映画「アパッチ・エイジェント」にジェロニモ酋長役で出演したりと、彼はまさにバイタリティ溢れる活動的な青年時代を過ごしました。

しかし、そんなタフでエネルギッシュなジェイソン氏の人生に、突然、試練が訪れます。

―それは彼にとって、「最後の命がけの冒険」となりました。

人生最大の試練

1977年、46歳になったジェイソン氏はある日突然、重大な人生の岐路に立たされました。それまでの健康への絶対の自信が大きく揺らぎ、辛く孤独な闘いの日々の始まりでした。しかし彼は希望を捨てず、自らの健康を守りたい一心から様々なリサーチを続け、必死に試行錯誤を繰り返しました。そしてついにハーブに目を留めたのです。

『植物が存在しなければ、我々も存在しない。
植物が吐き出したものを、我々は吸い生きている。
我々は常に植物から学び続けなければならない』
(北米先住民チェロキー族の教えより)

ハーブは有史以前、人類に文明の起こるはるか昔の新石器時代から、人々の暮らしに役立てられ受け継がれてきました。ハーブの優れた有用性については、紀元前3,000年、メソポタミア南部のシュメール人によって人類最古の文字・楔形文字での記述があり、また古代ギリシャ時代には医学の父ヒポクラテスも、その著書の中で多くを記しています。
「人類の叡智」の歴史は、まさしく「ハーブの恵み」と共にありました。

―そしてジェイソン氏はそれらのハーブに、
最後の望みを託したのです。

世界中を旅して探し当てた、3種類の有用ハーブ

世界中に5,000種類以上もあると言われているハーブの中から、彼は特別な3種類の有用ハーブ「レッドクローバー」「インディアンセージ」「ハーバリーン」に注目。

旧約聖書に何度も登場する「レッドクローバー」を探しにロンドンへ、北米先住民が祖先から代々受け継ぐ「インディアンセージ」を手に入れるためアリゾナ州ツーソンへ、さらに釈迦が「身体の弱いものはこれを用いよ」と勧めたと伝えられる「ハーバリーン」を求めてシンガポールまで足を延ばしました。

世界中を旅し、やっとの思いで手に入れた3種類のハーブに望みを託し…ジェイソン氏はそれらのハーブをそれぞれせっせと煎じては飲み続けました。

…しかし思うようにはいきません…

自身の健康を守るハーブを探すために仕事も辞め、世界中を飛び回ったため借金まみれとなり・・・先の見えない日々に、彼は次第に希望を失ってゆきます。

偶然が引き起した奇跡

ハーブを毎日毎日、一つ一つ煎じるのは大変な作業です。いよいよ絶望の淵に立たされていた彼は、ある日ついに力も尽き、半ばやけっぱちな気持ちになって、3種類のハーブを一つの鍋に放り込み一緒に煎じてしまいました。
(これはハーブの専門家からは禁じられていたことだったのです。)

…奇跡の瞬間でした。偶然にもそれが3つの有用ハーブの「完全な調和」を生み出したのです。ジェイソン氏はミックスされたハーブティーを一口飲んで叫びました。

「これだ!とうとう見つけた!」

―後に彼は、“それは、教会の鐘の音が世界中で鳴りわたったような感覚だった”と振り返っています。

遥か遠く離れた3つの大陸で数千年もの間、それぞれ大切に伝えられてきた3つの「特別なハーブ」。それらが運命に導かれたジェイソン氏の手によりひとところへ集められ…

さらに思いもよらぬ偶然から、それら3つの有用ハーブの「完全な調和」が生まれた瞬間でした。

この奇跡によって、それまで世界のどこにも存在しなかった、
新たなすばらしい健康法が誕生したのです。

サー・ジェイソン・ウィンターズ 年表

1930 イギリスに生まれる
1947 カナダに移住
1967 マッケンジー川(4,241km)をカヌーで下る
1968 ロッキー山脈を熱気球で縦断
1969 大西洋をヘリウム気球で横断に挑戦するが失敗
1977.4.4 人生最大の試練に見舞われる
1977.8 絶望のなか探し出した3種類のハーブをブレンド
1978 ジェイソン・ウィンターズ・ティーを世界中に広め始める
1984.12.5 オランダ王国より勲章
1985.9.9 マルタ騎士団(聖ヨハネ騎士団)よりナイトの称号を授与
1992.2.28 アメリカ合衆国下院より功労賞
2000.3.20 アルベール・シュバイツァー財団より褒状
2001.4.25 マルタ騎士団(聖ヨハネ騎士団)より
最高位のナイトの称号を授与
2003.3 日本でジェイソン・ウィンターズ・ティー販売開始
2004.12.12 サー・ジェイソン・ウィンターズ 没